税理士ができることについて

会社は規模が大きくなればなるほど経営者だけであらゆる業務をこなすことは難しくなります。そのため、多くの会社ではサポートしてもらうために税理士などに依頼をして税務のことについてアドバイスをもらったり書類を作成してもらったりしているのです。では税理士ではどのような業務をすることができるのでしょうか。

一点目には税務監査です。税務監査は税務法に沿って正しく会社が会計処理をできているのかを監督、指導することになります。もし、正しく会計処理が行われていなければ会社の経営ができなくなることもあるので、会社の通常業務と同様に大切な作業になります。基本的には月に一回のペースで監督や指導を行いますが、契約内容によっては三ヶ月に一回や半年に一回、税務監査が行われることもあります。その他にも決算書の作成や税務申告が税理士のできることの一つになります。決算書には賃借対照表や、損益計算書などがあります。決算書は会社の事業の成績表のようなものになり、決算書では今年どのぐらいの営業利益が出たのかや前年に比べて利益率が低下したのか向上したのかなどの会社の売上情報を把握することができます。経営者が一人で行うと正しく記入できなかったり、通常業務に支障が出たりしますが、税理士に依頼をすることでより効率的に決算書を作成することが可能です。

また、会社経営のアドバイスだけでなく、これから会社を設立する人の頼れる見方にもなります。設立する際には登記や許認可などの複雑な手続くが山程あります。これから始まる事業内容に集中する為にも、会社設立代行を税理士へお願いすると、便利でしょう。設立時にも設立後も税理士は頼れるパートナーとなるのです。このように税理士ができることには様々なことがあります。今回は税理士ができることの他に、税理士の選び方や個人事業主の税理士についての豆知識について紹介します。